ロイヤルエンフィールドのことならウイングフット

Blog

BULLET350ccと500cc、違いは排気量だけなの?

―同じに見えるけど結構違います― 基本的には排気量の違いだけ、とお考え頂いてよいのですが、外観的にはサイレンサー部分が500ccの方が長いのが特徴です。又、詳細な部分ですとキャブレター、エンジンヘッドブロック、スパークプ …

キックでエンジンをかけるのは難しいですか?

―慣れてしまえば簡単です― 慣れてしまえば簡単なキックスタートですが、正直なところ、コツをつかむまでは最初はかけづらかったという人もいます。 ただ、何度も申しますが慣れてしまえば問題なく、女性で毎日通勤に使っておられる方 …

故障が心配ですが大丈夫ですか?

―実はこの質問が一番多いのです― やはり、皆さんまず最初にこの質問をなさいます。 ご存知のように、40年~50年前の設計のまま造り続けて居りますので現代のバイクとは性能、精度等は比べようもありません。正直申しまして小さな …

チェンジペダル、右と左どっちがいいの?

―おすすめは右チェンジ― ブリットの基本設計は40年以上前のものです。この頃のエンジンは右チェンジ、レーシングパターン(ニュートラルから上に上げて1速、以後下に踏み込む毎に2速、3速、4速となる)が一般的でした。したがっ …

初心者なんです、免許取立てでも大丈夫?

―最初はみんな初心者です、頑張りましょう― お問い合わせをいただく中で特に多いのがこの質問です。やはり、外車だから、その中でもロイヤルエンフィールドは1950年代そのものの旧車というあたりに不安を抱かせるのでしょう。ご心 …

350Type-Nの中古車入荷しました!売約済

アイアンエンジン ブリット350TYPE-Nポストオフィスレッドの中古車が入荷しました。2009年式、アイアンエンジン最終モデルです。 ツールボックス左右及びリアマッドガードステーにはサドルバッグによる擦り傷があります。 …

当店取扱の中古車について

ロイヤルエンフィールド専門店ウイングフットのホームページをご覧いただきありがとうございます。 当店の取扱中古車は一部を除き、1000kmまたは3ヶ月の保障となっております。 下記中古車サイトに掲載されていますので是非ご覧 …

ロイヤルエンフィールドカスタム No.0003

60年代のスタンダードな英車の雰囲気をめざした形です。 ブラックのパーツを多用することで全体にモノトーンなルックスをみせています。 スタンダードのルックスをキープしつつ細かなパーツの変更で小技が効いたカスタムとなりました …

ロイヤルエンフィールドカスタム No.0002

エンフィールドのトライアル車に乗りたい。というオーダーで製作された車両です。 1このパターンのカスタムはイギリスでは比較的ポピュラーでしてキットパーツも出ています。 今回はこのキットパーツを使い全体のホルムを作り出すとと …

ロイヤルエンフィールドカスタム No.0001

1950年代のイメージを再現したいとの依頼をいただき、また他のエンフィールドとの差別化のため特長の一体型ヘッドライトナセルを外してみました。 1954年ぐらいまでのロイヤルエンフィールドには定番のパターンです。 ある程度 …

« 1 9 10 11
PAGETOP
Copyright © WINGFOOT株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.