―オイルの種類と交換方法は?―

エンジンオイルは3、000km毎の交換を推奨しております。オイル交換作業は通常のバイクといっしょです、エンジン下部のドレンボルトを外して頂くとオイルが抜けます。全てのオイルが出ましたら、ドレンボルトを元に戻していただき、規定量のエンジンオイル(20w-50、夏期50w)を注入して下さい。又、このエンジンはミッションが別体となっておりますので、エンジンオイルとは別にミッションオイル、クラッチのプライマリーオイルが必要となりますがこれらは緊急時以外はこちらのメカニックにお任せ下さい。

■OIL交換の手順
1.エンジンを始動して、エンジンが少し温まったらCの給油キャップを取り、ドレンボルトAを左に回してOILを抜きます。同じようにドレンボルトBからもOILを抜きます。Bからは通常少ししかOILは出てきません。
2.ドレンボルトA、Bを取り付けます。このときパッキンを傷めないように締め過ぎに注意してください。
3.給油口からOILを入れます。約1.6L入りますのが、入れ過ぎないように時々OILキャップについているゲージで確認しながら給油します。

■OILの種類について
販売されているOILにはいろいろな種類がありますがBULLETには高級化学合成OILは必要ありません。当店で使用しているOILはPENNZOILで通年使用SAE20W-50の鉱物油です。
また、OILメーカーにこだわらなくても良いのですが、当店でいろいろ使用してみた結果、PENNZOILが一番OILの減りも少なく安定していたので使用しています。

■日ごろの点検
現代のバイクは精密に出来ており、OIL交換をしてから次のOIL交換の間にOILが減ることはほとんどありませんが、ブリットのエンジンは基本設計も古く、ハッキリ言ってアバウトです。OILも減ります。こまめなチェックをしてください。500Kmごとぐらいにチェックされることをお勧めします。減っていたら必ずアッパーレベルまで給油してください。
エンジンが壊れないためにも……….。